CACA現代アート書作家協会 特別顧問 岡本光平

岡本光平展 仙台・藤崎

岡本光平展 仙台・藤崎

折茂です。

岡本光平「残心の書」~余白と余韻~ 
仙台・藤崎本店 本館6階美術ギャラリーにて、本日11月28日(木)より
12月4日(水)まで開催いたします。
画像の説明


仙台の藤崎デパートで個展を始めて17年、その間に東日本大震災もありました。岡本光平先生もも地震に直撃され、避難所で夜を明かしました。
また紙漉き制作でお世話になったシルク和紙の丸森町は、今回の大水害で今も痛々しい傷痕の中にいます。
この地でさまざまな出会いがあり、ご支援を頂き今回で17回目の開催となりました。

毎回、東北の皆様に作品を楽しんで頂こうと、全力で新作を生み続けて来た岡本光平先生が、今回は過去最大級の大作を出品いたしました。
画像の説明

画像の説明




画像の説明


そして最新のテーマ「蓮」の書画も多数展示。
画像の説明
ぜひ本物の迫力をご覧ください。
ご来場をお待ちしております。


岡本光平メッセージ
「いい書とは何か? その答えは、先人たちが残した名筆遺産のなかにあります。書とは、柔道や剣道と同じように美しい刹那の一本をとるための、誇りと修練の結晶だと思います。そこにだけ宿る品格と格調が"残心"の余韻世界ではないでしょうか。古稀の原点からの再出発です。」
画像の説明



書のライブ 11月28日(木)~12月1日(日)
リクエストに応じて、色紙、掛け軸、扁額、看板、ロゴなど、
あらゆる書体で有料にてお書きいたします。

ギャラリートーク(無料) 11月30日(土) 午後2時~
『残心の書とは? いい書とは?』



 

ギャラリー・トーク 11月30日 午後2時~3時「残心の書とは? いい書とは?」

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional