CACA現代アート書作家協会 特別顧問 岡本光平

京都大丸・岡本光平展2

京都大丸・岡本光平展2



画像の説明


画像の説明


書業50周年 岡本光平展
「風音思花 ~風よ吹け 花よ咲け~」

折茂です。
7月26日まで大丸京都店で開催しております。
タイトルにちなんだ作品をご紹介いたします。

風は形がなくても存在するもの。
漆塗りの手漉き和紙二枚重ねに半分欠けた文字が書かれています。それでも読めてしまう漢字の特性を表現しています。

花は可愛らしいものから豪華なものまで様々に表現されています。
洋の東西を問わず絵画で一番多く描かれて来た花が薔薇です。
山なら富士山、花ならバラ、挑戦する人が多い分、最も表現が難しいモチーフです。
書で見るのは初めての人も多いことと思いますが、額にも注目してください。

「華」は作家が今までに最も多く書いて来た文字ですが、この表装に使われている布は92歳で先年亡くなられた作家の母親が愛用していた着物です。
数知れず書かれて来た華の中で、ひときわ愛情に包まれた作品となりました。


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional