CACA現代アート書作家協会 特別顧問 岡本光平

名古屋三越・岡本光平展4

名古屋三越・岡本光平展4

画像の説明


折茂です。
「前」 という作品について。 
なぜ、岡本光平がこの文字を選んだのか、多くのお客様が疑問を持たれたと思います。

名古屋三越の画廊に展示されていた約40点の作品は、それぞれ一文字、一語、あるいは一篇の詩の中にドラマを感じさせる作品が並んでいました。
そうした中で、「前」 という文字は平凡で、深い意味まで想像し難いものがあります。

文字の意味を考えるよりも先に、紙の特異さに目が奪われて、紙に関しての質問が多かったです。
紙は韓国の仁寺洞(インサドン) で出合った柿渋紙でした。

さらなるヒントを求めて作品全体を眺めると、遊印に「寒暑」とありました。
なぜ、寒暑なのか?

岡本先生の解説によると、「前」 は戦国武将の鎧櫃の前に書かれていた文字だそうです。
勧進帳にも出てくる9文字の魔除けの真言 「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」 の前(ぜん) であり、鎧櫃に前と書くのは、敵に対して積極的に前に出るという意味と、前面で持ち主をしっかり守るという願いが込められているのだと知りました。
常住坐臥、戦陣にあれ、という武士道に生きていたサムライ達の心境は、凄いものがあります。

岡本先生はチンギスハーンの軍師・耶律楚材 (やりつそざい) の書に感化されて、この 「前」 を書いたそうです。
耶律楚材を調べてみたら、禅宗にも帰依していた人、モンゴル帝国のサムライだったのでしょう。

耶律楚材は遼 (契丹) の王族として生まれましたが、遼の滅亡後は金の官僚として仕えます。

その後モンゴルの侵攻を受けて金は滅びますが、楚材はチンギスハーンの目に止まり側近として仕えることになりました。

大草原に興亡した歴史ロマン、耶律楚材は祖国を失いながらも艱難辛苦に耐え、まさに寒暑厳しい過酷な運命の荒波を生き抜いた人だったのです。

「蝶」 という作品もありました。
蝶は生命再生・復活の象徴、侍たちが鎧兜を蝶結びにしたのにも、そんな訳があるそうです。


画像の説明


香川県の高松三越、宮城県の藤崎デパートに継いで開催した岡本光平空海展でしたが、名古屋三越では空海さん人気がもう一つ盛り上がりませんでした。
その理由は、戦国大名のヒーローを多数輩出した土地だけあり、武士の気風に添う禅的な作品の方が受け入れられたことが面白いと思いました。

それらの作品をご紹介致します。


画像の説明


画像の説明


ソウル個展作品展 未知への第一歩
会期 2016年6月28日(火)~7月2日(土)
AM11:00→PM6:30(最終日PM5:00終了)
会場 銀座第7ビルギャラリー
東京都中央区銀座7-10-16銀座第7ビル
TEL:03-6228-5433


風音思花 風よ吹け 花よ咲け
会期 2016年7月20日(水)~26日(火)
AM10:00→PM7:30(最終日PM5:00終了)
会場 大丸京都展 6階美術画廊
京都市下京区四条通高倉西入
TEL:075-211-8111




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional