CACA現代アート書作家協会 特別顧問 岡本光平

岡本光平プロジェクト 1

岡本光平プロジェクト 1

折茂です。
今、香川に向かう新幹線の車中であるが、向こうで待っている方々のことを思えば、何日振りかで体の芯に力が甦る。

4月7日から始まる高松三越の岡本光平展の事前準備である。
今日は午後から四国新聞に表敬訪問し取材のお願い、その後は西日本放送と取材の打ち合わせ。
明朝は香川県知事を表敬訪問の後、NHK高松局へ。
先月末には作家ともども瀬戸内海放送、岡山放送、山陽放送、西日本放送など民放テレビ局全てを訪ねて取材依頼を行った。
すでに西日本放送と岡山放送の取材約束は頂いたが、どこまで取り上げてもらえるかは未知数なため、ひたすら努力するしかない。
今回の岡本光平展 「空と海の物語 part2」 はそもそも、四国八十八ヵ所霊場および高野山の開創1200年を記念すべき一大イベントにする構想で取り組んで来た。
そのためには主催の三越、後援の真言宗連盟をはじめ多くの方々の協力が無くてはならないのだが、ここに来て予想もしていなかったいろいろな方面からの強力な助っ人が現れている。
お大師さまのご加護感じるというか、人々の心の中に愛され生き続けている空海がいることに、改めて感動を思わざるをえない。
あと残り1ヶ月、これからどんな方々との出逢いが待っているのか楽しみである。

現在進行中のもう一つの岡本光平空海プロジェクトは、近々発表致します、ご期待ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional